• 浄水器の設置タイプを比較

    水道水を綺麗に出来る浄水器には、様々な設置タイプがあります。

    それらにはメリットとデメリットがあり、自分が求めている物によって買った方が良い物、買わない方が良い物かどうかが変わってきます。

    納得のいく選択をする為には、しっかりと比較をして、それを知っておく必要があります。


    まず、浄水器の設置タイプには、「蛇口直結型」「据置型」「アンダーシンク型」があります。


    他にもポット型がありますが、これはデメリットが多すぎるので、説明をしません。

    今、注目の浄水器を比較について説明致します。

    蛇口直結型は、とにかく価格を抑えたい人におすすめです。安い物でしたら、3千円ほどで売られていますので、かなり安く手に入れる事が出来ます。

    しかし、据置型やアンダーシンク型と比較すると、どうしても浄水性能が低くなってしまいますので、注意しておきましょう。


    浄水性能はそれなりで良いので、とにかく価格を安く抑えたい人はこれを買いましょう。



    据置型とアンダーシンク型は、本格的な浄水性能を持っています。

    しかし、価格が1万円以上はしますので、どうしても出費が多くなってしまいます。

    高い物でしたら3万円ほどします。

    浄水器としての性能は高くなっていますので、価格が高くなっても良いので、浄水性能が高い物が欲しい人は、これがおすすめです。
    ちなみに、据置型とアンダーシンク型の違いは、設置する場所です。

    据置型はシンクの上に設置する物で、アンダーシンク型はシンクの下、中に設置します。
    シンクが狭い人はアンダーシンク型がおすすめです。
    浄水器の設置タイプを比較すると、このような感じになります。

    どちらにもメリットとデメリットがありますので、そこを見て購入しましょう。